後払いアプリの即日現金化方法とすぐに使える最新のアプリ18選を紹介!

後払いアプリの即日現金化方法とすぐに使える最新のアプリ18選を紹介!

後払いアプリの即日現金化方法とすぐに使える最新のアプリ18選を紹介!

昨今、クレジットカードや消費者金融以外でお金を用意する方法が流行っています。

そのひとつが、後払いアプリの現金化

『今買って、あとで支払う』いわゆるBNPL(Buy Now Pay Later)サービスを使って商品を購入して転売することで現金を得る方法です。

そんな後払いアプリはクレジットカードや消費者金融からの借り入れとは異なり、審査なしあるいは甘いものが多くブラックでも利用できるとの理由から人気を集めています。

また、ひとつひとつの後払いアプリの平均利用可能額は5,000円~50,000円と少額額ではあるものの組み合わせ次第では30~50万円分の現金化も可能です。

ただし、誤った方法で現金化すると後払いアプリが利用停止になる・利用額を一括請求されるなどのトラブルになりかねません。

こちらでは、そんな後払いアプリ現金化の方法、メリット・デメリット、よくある質問などを網羅的に解説しています。

最新の後払いアプリの一覧やおすすめの後払いアプリ現金化業者もご紹介しておりますのでぜひご参考にしてくださいね。

この記事の内容まとめ
  • 後払い・ツケ払い現金化は違法だが、後払いアプリ現金化は合法
  • 後払いアプリ現金化は自分でやるよりも業者を使った方法がコスパが良い
  • 後払いアプリは10種類以上あり即日現金化出来るものと出来ないものがある
  • 後払いアプリの現金化は在籍確認や電話なしでブラックでも出来る
  • 後払いアプリの組み合わせ次第では30~50万円分の現金を用意することも可能

Contents

後払いアプリ現金化とツケ払い現金化は大きく異なる

後払いアプリ現金化とツケ払い現金化は大きく異なる

後払いアプリ現金化と名前が似ている資金調達手段として『後払い・ツケ払い現金化』があるのをご存知の方も多いでしょう。

しかし、結論としては後払いアプリ現金化と『後払い・ツケ払い現金化』は似ているようで大きく異なるんです。

具体的には後払いアプリ現金化の場合、後払いアプリを使ってECサイトなどで商品を購入して転売することで現金を得ます。

それに対して『後払い・ツケ払い現金化』は業者から商品を後払いで購入したキャッシュバック特典として現金を受け取りますが、実際の商品取引はありません。

また『後払い・ツケ払い現金化』は後払いの担保になる企業もないので収入状況の証明や在籍確認が必要です。

つまり『後払い・ツケ払い現金化』は実質的には貸し付けであり極めて違法性が高い取引といえるでしょう。

実際に金融庁も実質的な闇金業者として注意喚起を行っています。

参考 いわゆる後払い(ツケ払い)現金化に要注意!金融庁

一方で後払いアプリ現金化は実際の商品取引もありますし、貸し付けでもないので収入状況や在籍確認による審査は一切ありません。

それでは続いて、具体的にどのような流れで現金化していくのか見ていきましょう。

後払いアプリ現金化の方法と流れ

後払いアプリ現金化の方法と流れ

後払いアプリ現金化の方法は大きくふたつに分かれます。

  • 自分で商品を買って転売する
  • 専門業者に依頼して換金する

現金化までの『換金率、スピード、手間』を考えるとおすすめは専門業者に依頼して換金してもらう方法です。

それでは、それぞれの方法と具体的な流れを見ていきましょう。

自分で商品を買って転売する

ひとつめの後払いアプリ現金化方法は『自分で商品を買って転売する方法』です。

後払いアプリが利用出来る『amazon、楽天、Yahoo!ショッピング』などのECサイトで商品を購入して転売します。

転売先は街の買取ショップやリサイクルショップもしくはメルカリやヤフオクなどのオークションサイトで売却すれば現金化可能です。

すべて自分で完結するので簡単なイメージがある方もいるかもしれませんが、転売するための商品選びや売却先選びを行う手間がかかります。

また、最悪の場合は商品が売れなかったり後払いアプリ現金化のよくある質問にあるようなアプリ利用停止リスクのある商品を購入してしまうかもしれません。

そのため、後払いアプリ現金化は次の専門業者に依頼して換金する方法がおすすめです。

専門業者に依頼して換金する

もうひとつの後払いアプリ現金化方法が『専門業者に依頼して換金する』です。

現金化したい後払いアプリにカード番号がある場合とそうでない場合により取引方法が異なりますが、カード番号がある場合は業者が商品購入から売却までを担当してくれるので即日現金化出来ます。

カード番号がない場合は利用者がECサイトで商品を購入して売却する形なので即日現金化は出来ないものの、商品選びや売却先を探す手間は一切不要です。

さらに、後払いアプリ現金化業者は特別な決済方法や現金化のノウハウを持っているのでアプリが利用停止になるなどの心配もありません。

換金率についても自分で現金化する場合と大差ないので、後払いアプリの現金化を検討中の方は専門業者への依頼一択といえるでしょう。

おすすめの後払いアプリ現金化業者を見てみる

【審査なし・甘い】後払い現金化に使えるアプリ一覧

【審査なし・甘い】後払い現金化に使えるアプリ一覧

後払いアプリ現金化の方法や流れを押さえたところでどんなアプリがあるのか見ていきましょう。

  • すぐに使える即日現金化アプリ
  • 翌日~3日程度かかるアプリ

上記すぐに現金が手に入るか否かによって分けましたのでご自身の状況に合わせて後払いアプリ現金化方法を選択しましょう。

すぐ使える即日現金化アプリ

すぐに使えて即日現金化出来るアプリは次の4つです。

アプリ名 利用可能額 換金率 現金化までの時間
バンドルカード 3,000~50,000円 70%~85% 即日30分前後
Kyash(キャッシュ) 3,000~50,000円 70%~85% 即日30分前後
Paidy(ペイディー) 1,000円~ 70%~85% 即日30分前後
みんなの銀行 一律50,000円 70%~85% 即日~翌日
PayPay(ペイペイ)後払い ~500,000円 80%~90% 即日30分前後

以下でこれら後払いアプリの詳細を解説していきます。

バンドルカード

バンドルカード

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
3,000~50,000円 70%~85% 即日30分前後 https://vandle.jp

バンドルカードはアプリから発行できるバーチャルプリペイドカードです。

生年月日や電話番号を入力するだけで1分で発行できるので即日現金化に向いています。

ポチっとチャージという機能が付いており3,000円~50,000円の後払いチャージも可能です。

一番簡単に作れるので後払いアプリ現金化が初めての人はバンドルカードから始めてみてもいいでしょう。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
3,000~50,000円 70%~85% 即日30分前後 https://www.kyash.co

Kyash(キャッシュ)はバンドルカードと同じくアプリから発行できるバーチャルプリペイドカードです。

イマすぐ入金という後払いチャージ機能を使えば3,000円~50,000円分後払いでチャージ出来ます。

氏名とメールアドレスと電話番号があれば使えるので、公的な身分証明書を使わずに利用可能です。

バンドルカードと似たタイプの後払いアプリなのでバンドルカードを既に試したら次にKyash(キャッシュ)を使ってみてはいかがでしょうか。

Paidy(ペイディー)

Paidy(ペイディー)

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
1,000円~ 70%~85% 即日30分前後 https://paidy.com

Paidy(ペイディー)はメールアドレスと電話番号だけですぐに使える後払い決済です。

amazonやQoo10など70万店舗以上の豊富なオンラインショップで後払いでショッピングできる機能が付いています。

さらに、多くの後払いアプリは一括払いのみですがPaidy(ペイディー)は3回まで無料で分割払いに変更可能です。

後払いにしたいけど、翌月一括で支払い出来る自信がない方はPaidy(ペイディー)の現金化を試してみましょう。

みんなの銀行

みんなの銀行

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
一律50,000円 70%~85% 即日~翌日 https://www.minna-no-ginko.com

みんなの銀行はSNSのようにカジュアルに利用できる銀行です。

アプリから申し込み・利用が出来るだけでなくカバーという後払いチャージ機能も使えます。

カバーは審査に通れば初回から一律50,000円分の後払いチャージが可能です。

後払いチャージが使えるカバーは月額600円のプレミアムサービスですが1年間無料で使えるのでぜひお試しください。

PayPay(ペイペイ)後払い

PayPay(ペイペイ)後払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~500,000円 80%~90% 即日~翌日 https://paypay.ne.jp/guide/paylater

PayPayあと払いとは、PayPayが使えるオンラインショップや店舗で使える後払い決済です。

PayPay残高がなくても『PayPayあと払い』で利用した金額を翌月まとめて支払うことが出来ます。

審査内容はクレジットカードよりは厳しくないものの、利用可能額が5~50万円程あるので後払いアプリの中では厳しい部類です。

とはいえ、ブラックでも審査に通過した報告も少なくないので試してみる価値はあるでしょう。

翌日~3日程度かかるアプリ

続いてはアプリ取得から後払いチャージが使えるようになるまで時間がかかるなどの理由で即日現金化は出来ないアプリです。

とはいえ、最短翌日から3日程度で現金化出来るのでお急ぎでなければこちらの方法もご検討ください。

アプリ名 利用可能額 換金率 現金化までの時間
ZOZOTOWNツケ払い 3,000~50,000円 70%~85% 1日~3日前後
メルペイスマート払い 100~200,000円 70%~85% 1日~3日前後
バンキットカード 3,000円~ 70%~85% 2~7日前後
ウルトラペイ 2,000円~4,000円 70%~85% 翌日
後払いワイド ~300,000円 70%~85% 1~3日前後
ゆっくり払い ~53,999円 70%~85% 1~3日前後
NP後払い ~55,000円 70%~85% 1~3日前後
ファミペイ翌月払い ~100,000円 70%~85% 1~7日前後
atone(アトネ) ~50,000円 70%~85% 1~7日前後
B/43(ビーヨンサン) 1,000円~50,000円 70%~85% 1~7日前後
IDARE(イデア) 1,000円~ 70%~85% 3日~1ヶ月
楽天ペイ後払い決済 53,999円 70%~85% 翌日~3日前後
ペイディApple専用 100,000~500,000円 70%~85% 即日~翌日

ZOZOTOWNツケ払い

ZOZOTOWNツケ払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
3,000~50,000円 70%~85% 1日~3日前後 https://zozo.jp/later-payment

ZOZOTOWNツケ払いはその名の通りZOZOTOWNで使えるツケ払い機能です。

利用上限額は最大100,000円用意されているだけでなく支払いは2ヶ月後なのでゆとりを持って支払えます。

ZOZOTOWN内でしか使えないので換金性の高い商品は購入出来ないものの比較的審査に通りやすい後払いアプリです。

メルペイスマート払い

メルペイスマート払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
100~200,000円 70%~85% 1日~3日前後 https://www.merpay.com/howto/2020/07/2-5.html

メルペイスマート払いはフリマアプリ『メルカリ』から誕生した後払い機能です。

メルカリアプリからバーチャルカードが発行されており、メルカリ以外のネットショップでも利用出来ます。

利用上限額は最大30万円まで利用できることに加えて毎月の支払い額を一定に出来る定額払いでも支払い可能です。

メルカリを普段から利用している方は初めから限度額が高めに設定されている可能性が高いのでメルカリアプリをお持ちの方はぜひ確認してみてください。

バンキットカード

バンキットカード

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
3,000円~ 70%~85% 2~7日前後 https://www.bankit.jp/service

バンキットカードはおたすけチャージという後払いチャージ機能が使えるバーチャルプリペイドカードです。

おたすけチャージの後払いチャージ額は1回3,000円もしくは6,000円なので比較的少額ではあります。

おたすけチャージ+(プラス)という上位版もありますが、こちらは信用情報を参照するのでクレジットカードの審査と変わりません。

とはいえ、審査に通ればショッピング枠50万円分が付与されますので試してみる価値はあるでしょう。

ウルトラペイ

ウルトラペイ

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
2,000円~4,000円 70%~85% 翌日 https://ultra-pay.co.jp

ウルトラペイはアプリから「てじなカード」というバーチャルカードを発行して利用するプリペイドカードです。

アプリから『こんど払い』という後払いチャージ機能が利用出来、初回は2,000円のチャージが出来ます。

限度額がアップしても4,000円程度なので必要額が少額な方や他のアプリと組み合わせて手残り金額を増やしたい方に向いている後払いアプリですね。

後払いワイド

後払いワイド

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~300,000円 70%~85% 1~3日前後 https://www.pocketcard.co.jp/c-ato-wide

後払いワイドはアプリではありませんが、オンラインショッピングで使える後払い決済です。

普段から後払いアプリを使っていなければ馴染みがないかもしれませんが、初回から10万円~30万円程度の利用可能額が用意されています。

もちろん、後払いアプリ同様に信用情報を見られることもないのでブラックでも関係ありません。

即日現金化は出来ませんが、調達可能額が大きいのでぜひ検討したい後払い決済のひとつです。

ゆっくり払い

ゆっくり払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~53,999円 70%~85% 1~3日前後 https://shopping.yahoo.co.jp/notice/yukkuribarai

ゆっくり払いはYahoo!ショッピングやPayPayモール、ロハコなどYahoo!系列のサイトで使える後払い決済です。

その名の通り「ゆっくり」使えることを売りにしており、注文から支払いまでは最大2ヶ月間の猶予があります。

利用限度額は最大53,999円とクレカ以外の後払い決済にしては高く設定されているので数万円程度必要な方には最適です。

NP後払い

NP後払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~55,000円 70%~85% 1~3日前後 https://np-atobarai.jp

NP後払いは様々なサイトで使える後払い決済で支払い方法で『NP後払い』を選択するだけで利用可能です。

利用限度額は53,999円まで用意されています。

ただしゆっくり払いと運営元が同じ(株式会社ネットプロテクションズ)なので、ゆっくり払いですでに利用額があればその分NP後払いの利用額も減ってしまうのが難点です。

atone(アトネ)

atone(アトネ)

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~50,000円 70%~85% 1~7日前後 https://atone.be

atone(アトネ)もゆっくり払いやNP後払いと同じく株式会社ネットプロテクションズが運営する後払い決済です。

利用出来る有名なショッピングサイトにQoo10があるので購入できる商品が幅広く用意されています。

ただこちらもゆっくり払いやNP後払いで利用額がある方や支払いトラブルがある方は審査に影響を受ける可能性がありますのでご注意ください。

ファミペイ翌月払い

ファミペイ翌月払い

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
~100,000円 70%~85% 1~7日前後 https://famipay.famidigi.jp/guide/skip

ファミペイ翌月払いはコンビニ大手のファミリーマートが提供する「ファミペイアプリ」から申し込める後払い決済です。

限度額は最大10万円用意されているので他の後払いアプリよりも大きい金額を用意出来ます。

さらに『スキップ払い』という支払い機能も付いており、最大6ヶ月先まで支払い延長が可能です。

利用可能額が大きいだけでなく余裕を持った支払い方法が選択出来るので後払いアプリの中でも特におすすめ出来ます。

B/43(ビーヨンサン)

B/43(ビーヨンサン)

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
50,000円 70%~85% 1~7日前後 https://b43.jp

B/43(ビーヨンサン)は家計簿とプリペイドカードふたつの機能が付いた後払いアプリです。

後払いチャージ機能「あとばらいチャージ」も付帯しており、1回当たり3,000~50,000円までチャージ出来ます。

そんなB/43(ビーヨンサン)はリアルカードタイプのVISAプリペイドを受け取ってから利用出来るようになるので、現金化までは2~3日は必要です。

とはいえ、一度カードを使ってしまえば業者に依頼して即日現金化出来るのでまずはカードを作ることをおすすめします。

IDARE(イデア)

IDARE(イデア)

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
1,000円~ 70%~85% 3日~1ヶ月 https://idare.jp

IDARE(イデア)は積み立てが出来るアプリで積み立て額に応じて毎月最大2%のボーナスが受け取れます。

また、そんな積み立て機能とは別に2つの後払いチャージ『LADDER・スマートカバー』も付いているので後払いアプリ現金化も可能です。

ただし、こちらのLADDERとスマートカバーの審査は最短でも2,3日~長ければ1ヶ月程度かかってしまいます。

さらに、サービスを停止している可能性もあるので現金化までの時間に余裕がある方限定の現金化方法といえるでしょう。

楽天ペイ後払い決済

楽天ペイ後払い決済

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
53,999円 70%~85% 翌日~3日前後 https://ichiba.faq.rakuten.net/detail/000010676

楽天ペイ後払い決済は楽天市場のみで使える後払い決済です。

後払い決済の利用可能額は最大53,999円分用意されています。

ただ名前こそ楽天後払い決済ではありますが、運営している後払い決済会社は下記2つのいずれかです。

  • アトディーネ(ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社)
  • NP後払い(株式会社ネットプロテクションズ)

なので、これらの後払い決済を利用したことがある方や現在利用している方は審査に影響が出るかもしれません。

ペイディApple専用

ペイディApple専用

利用可能額 換金率 現金化までの時間 公式サイト
100,000~500,000円 70%~85% 即日~翌日 https://paidy.com/apple

ペイディApple専用とはアップルストアの商品限定で後払いに出来るサービスです。

同じようなサービスにペイディがありますが、ペイディとペイディApple専用の利用可能額は別枠になっています。

例えば、ペイディの利用可能額が10万円あってペイディApple専用の利用可能額が30万円の場合は合計40万円分後払いできるということです。

ペイディアプリから申し込めるのでまだ使ってない方はぜひ試してみましょう。

後払いアプリ現金化のおすすめ優良業者5選

後払いアプリ現金化のおすすめ優良業者5選

後払いアプリの種類は豊富にあることがわかったところで現金化に対応する業者について見ていきましょう。

  • 対応アプリの豊富さ
  • 換金率
  • 対応スピード
  • 安全性
  • 口コミ評判

などの項目をもとに優良業者を厳選したのでこれから後払いアプリ現金化をしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

すぐマネ

業者名 すぐマネ
代表者名 安田浩一
住所 〒110-0005 東京都台東区上野3-20-8
営業時間 24時間365日
最低申込額 5,000円~
入金スピード 平均30分
ポイント 各種手数料は完全無料!
24時間365日年中無休でいつでも対応!
クレカ・アプリ利用停止率0%!

すぐマネに無料相談する

>>すぐマネの詳細を見てみる

Answer(アンサー)

Answer(アンサー)

業者名 Answer(アンサー)
代表者名 小高一樹
住所 〒110-0005 東京都台東区上野3丁目20-8 小島ビル 4F
営業時間 24時間365日
最低申込額 30,000円~
入金スピード 平均30分
ポイント 最高間99.2%と業界トップクラス!
金融に強いベテランスタッフ在籍!
換金率UPキャンペーンが豊富!

Answer(アンサー)に無料相談する

>>Answer(アンサー)の詳細を見てみる

プレミアム

プレミアム

業者名 プレミアム
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号
営業時間 24時間受付
最低申込額 5,000円~
入金スピード 平均10分
ポイント 換金率一律の明朗会計!
最低5,000円~の少額から利用可能!
24時間365日申し込み可能!

プレミアムに無料相談する

>>プレミアムの詳細を見てみる

お財布レスキュー

お財布レスキュー

業者名 お財布レスキュー
佐々木亮
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-9
営業時間 9時~20時(日曜休業)
最低申込額 5,000円~
入金スピード 平均30分
ポイント 換金率は業界トップクラス!
クレカ・アプリ利用停止対策万全で安全に利用出来る!
WEB完結だから家族・職場バレなし!

お財布レスキューに無料相談する

>>お財布レスキューの詳細を見てみる

いつでもペイ

いつでもペイ

業者名 いつでもペイ
山崎富雄
住所 〒110-0005 東京都台東区上野2丁目12-18
営業時間 24時間365日
最低申込額 10,000円~
入金スピード 平均30分
ポイント お客様満足度驚異の98.7%!
休日でも最短3分での振込対応!
決済トラブル0の実績で安心!

いつでもペイに無料相談する

>>いつでもペイの詳細を見てみる

後払いアプリ現金化の3つのメリット

後払いアプリ現金化の3つのメリット

後払いアプリ現金化のメリットは大きく次の3点です。

  • 手持ちがなくても利用出来る
  • ブラックでも審査通過可能
  • 在籍確認・電話なしで利用できる

融資などの借り入れによる金策と比べて解説しているので、後払いアプリ現金化を利用したことのない方は参考にしてみてください。

手持ちがなくても利用出来る

後払いアプリはクレジットカードなどを登録せずに支払いを後払いに出来ます。

手持ちがなくても利用可能なので0からお金を生み出す手段としてはピッタリの方法です。

「いま手持ちがないけど現金が必要」そんな方は後払いアプリの現金化を検討してみてはいかがでしょうか。

ブラックでも審査通過可能

後払いアプリはクレジットカードや消費者金融の審査とは違い信用情報を見られません。

なので、支払い遅延や滞納によりブラックになってしまった方でも問題なく利用可能です。

審査内容も『電話番号・メールアドレス・身分証』などの簡易的なものなので収入状況なども関係ありません。

そんな後払いアプリ現金化は融資の審査で断られてしまった方や借り入れ審査に抵抗のある方にもおすすめの方法といえるでしょう。

在籍確認・電話なしで利用できる

先ほどご紹介したように後払いアプリの審査は収入状況を見られませんので在籍確認もありません。

また、現金化業者に依頼する場合もLINEやメールのみで完結することが多く電話なしで取引可能です。

したがって、後払いアプリ現金化したことは職場や周囲にバレることなく利用出来ます。

後払いアプリ現金化の3つのデメリット・注意点

後払いアプリ現金化の3つのデメリット・注意点

後払いアプリ現金化は便利な資金調達手段である一方でデメリットもあります。

  • 手数料がかかることの方が多い
  • amazonギフト券でやるのは危険
  • 即日現金化出来ない場合もある

安易に利用する前にデメリットや注意点についても確認しておきましょう。

手数料がかかることの方が多い

後払いアプリの多くは利用するごとに手数料がかかることがほとんどです。

数百円ですが、1万円未満の少額決済で手数料を取られると損した気分になりますよね。

決済ごとに手数料を取られるケースが多いので、現金化する場合はこまめにやるのではなくなるべく一度にやるのがおすすめです。

利用出来る上限額が少額

前述の通り、後払いアプリはクレジットカードと異なり信用情報関係なく利用可能です。

審査内容が甘いというメリットもありますが、一方で利用可能額は少額に設定されている傾向があります。

利用可能額の相場としては3,000円~50,000円ほどなので、それ以上の現金が必要な場合は利用を諦めてしまう方も少なくありません。

しかしながら、後払いアプリは約20種類あるので組み合わせ次第では30~50万円分集めることも十分可能です。

利用上限額が少ないと感じている方は複数アプリを現金化することをおすすめします。

即日現金化出来ない場合もある

後払いアプリの現金化方法の中にはECサイトにて商品を購入して業者に売却する形式のものもあります。

商品を受け取ってから買取業者に商品を発送する必要があるパターンも多いのでその場合は即日現金化不可能です。

中には商品を直接受け取ることなくECサイトから買取業者に直送出来る場合もありますのでお急ぎの方は業者に相談してみましょう。

なお、下記の後払いアプリであれば現金化業者が商品の購入代行から売却までを行ってくれるので即日現金化が可能ですよ。

すぐ使える即日現金化アプリを見てみる

後払いアプリ現金化によくある7つの質問

後払いアプリ現金化によくある7つの質問

「後払いアプリ現金化についてココだけわからない・・・。」

そんな疑問を解決するために後払いアプリ現金化によくある質問をご紹介します。

  • アプリは実店舗でも使える?
  • 分割・リボ払いも出来る?
  • 違法行為に当たらない?
  • 現金化してもアプリ利用停止にならない?
  • amazonギフト券やiTunesカードは購入出来る?
  • 滞納や踏み倒しのペナルティーは?
  • 土日や祝日でも利用出来る?

アプリは実店舗でも使える?

後払いアプリはオンライン決済でしか使えないものもありますが、コンビニなどの実店舗で使えるものもあります。

例えば・・・

  • ファミペイ
  • メルペイ
  • PayPay
  • バンドルカード
  • Kyash(キャッシュ)

などは対応するコンビニで使える後払いアプリです。

ただし、これらの後払いアプリを使って店舗でamazon・iTunesカードなどの換金性の高い商品を購入することは出来ないので注意しましょう。

あくまでも生活費の決済としてしか使えず、店舗で商品を購入して現金化する方法は使えないというわけですね。

分割・リボ払いも出来る?

後払いアプリの多くは一括払いにしか対応していません。

クレジットカードのショッピング枠やカードローンよりも利用額が少額だからでしょう。

とはいえ、ペイディやペイディApple専用など利用金額の3~36回払いが可能な後払いアプリも存在します。

他には後払いワイドも分割・リボ払いに対応しているので毎月の支払いの負担少なくしたい方は検討してみてください。

違法行為に当たらない?

後払いアプリ現金化は実際に商品購入して転売するだけの取引なので違法ではありません。

専門業者を利用する場合も『業者が利用者の代わりに商品を購入・売却手続きを行う』だけなので合法な取引です。

しかしながら、商品売買を装い契約のキャンセルを前提としている「先払い買取」は実質的な闇金なのでくれぐれも利用しないようにしましょう。

参考 商品の買取りをうたって高額な違約金を請求する悪質な業者にご注意ください!金融庁

現金化してもアプリ利用停止にならない?

後払いアプリ現金化は違法ではないものの、アプリの利用規約では禁止された行為です。

例えば後払いアプリ『バンドルカード』の利用規約では次のように記載されています。

第 21 条(必要措置)

当社は以下の各号に揚げる事由に利用者が該当したと判断した場合、利用者に対して事前の通知もしくは催告なしに、本サービス及び本カードの利用資格を喪失する措置(以下「利用資格停止及び取消し」といいます。)、および本人確認等を含む必要措置をとることができるものとします。

(中略)

(シ) 本サービスの利用状況に照らし、換金目的、マネーローンダリング目的での利用等、利用者として不適当であると判断した場合
引用:バンドルカード利用規約 | VANDLE CARD[バンドルカード]

なので、amazonギフト券やiTunesカードなどの換金率の高い商品を購入すると目を付けられて利用停止になる可能性はあります。

一方で専門業者は特別な決済方法やリスクの低い商品を案内してくれるので利用停止になることはありません。

したがって、安全に後払いアプリ現金化をしようと思ったら専門業者に依頼する方法一択というわけです。

滞納や踏み倒しのペナルティーは?

後払いアプリの滞納や踏み倒しの際のペナルティーは次の通りです。

  • 後払いアプリの利用を制限される
  • 後払いアプリの利用可能額を減らされる
  • 後払いアプリの会社から支払い催促が届く

などが想定されますが、最悪の場合は後払いアプリの会社から訴訟を起こされる可能性も否定出来ません。

また、滞納や踏み倒しをしても信用情報には記録されないものの「後払い決済サービス協会」のブラックリストに追加されることはあります。

後払い決済サービス協会は一部の後払い決済サービス会社が加盟している団体で次のような企業が加盟しています。

例えば株式会社ネットプロテクションズはatone(アトネ)やNP後払いを運営する企業で、仮にこれらの支払いを滞納してしまうとします。

すると、後払い決済サービス協会に加盟する他の企業の後払いアプリやサービスが使えなくなる可能性が高いというわけです。

そのため、ひとつのサービスと支払いトラブルがあると別の後払いサービスにも影響があることを意識しておきましょう。

土日や祝日でも利用出来る?

後払いアプリそのものは土日や祝日でも利用可能ですが、専門の現金化業者の中には土日に対応していないところも少なくありません。

ですので、土日や祝日に現金化業者に申し込むときは必ず事前に営業時間を確認してから申し込むようにしましょう。

【まとめ】後払いアプリを現金化してお金のピンチを解決しよう!

【まとめ】後払いアプリを現金化してお金のピンチを解決しよう!

後払いアプリの現金化はクレジットカードや消費者金融のように厳しい審査や在籍確認もなくブラックでも利用できる方法です。

審査が甘い代わりにひとつひとつのアプリに対する利用可能額は少額であるものの、アプリを組み合わせることで30~50万円ほど集めることも難しくありません。

ただし、間違った方法で現金化しようとすると余計な「手間が増える・トラブルになる」などのリスクもあるので気を付けましょう。

ここまでご紹介した通り、後払いアプリの現金化方法は数多くありますので必要金額や調達までの時間を考慮して試してみてくださいね。

後払いアプリと現金化方法に戻る